収支シミュレーション

開業後、速やかに事業を軌道に乗せることが、事業の成否を分けるポイントになります。売上確保だけでなく、無駄な支出を防止するシミュレーションが重要です。「所詮は理想的な数値で、実際はこんなにうまくはいかないんでしょ」というシミュレーションは、あまり意味がありません。iTeenでは、本部直営店の売上をリアルタイムで公開しています。

事業のメリットとデメリットを、正確に把握するために、ぜひ数値の詳細をご検討ください。(不明点はお気軽にご相談ください。)

事業を運営していくうえで必要な数値は?

1. 収入と支出

事業運営は、家計簿と似ているかもしれません。収入と支出のバランスを把握し、将来の展開を予想する作業はとても重要になります。iTeenでは、本部SVとともに予算計画表を作り、予算計画通りに推移するように経営指導を行っています。

収入の部
月謝
前払いで支払われる月謝制度は、キャッシュフローの安定という意味でとても優れた特徴を持っています。在庫ゼロ、手形なし、ということはそれだけで大きな強みになります。一度入会すると、その後平均で1年以上の収益が確定しますので、いかに契約率と単価を上げるかがポイントになります。
イベント収益
iTeenは、ショッピングモールや屋外イベントとの親和性が抜群。いつも子供たちで溢れかえります。こうした短期イベントの収益も、オーナー様にとっては“ボーナス”と言える収益源となります。

支出の部
家賃
iTeenに適した店舗は、20坪前後、月額家賃15万円程度の物件となります。固定費支出は1円でも削減するべきです。家賃交渉も、iTeen本部がフォローいたします。
人件費
アルバイト講師人件費は、売り上げの10%以下が適正値です。また、オーナー様が別途教室長を雇用される場合には固定費になります。投資すれば、顧客満足度が上がりますが、最も収益を圧迫しやすい項目のため、厳密な調整が必要です。
仲介手数料
不動産業者に支払う手数料です。賃料の1ヶ月分が相場です。
ロイヤリティ
FC本部に支払われる、iTeen事業全体の発展に要する費用です。売り上げの10%が本部に支払われ、宣伝広告、教材開発、SV人件費等に充てられます。
その他諸経費
事業を運営するためには、各種の税金や、水道光熱費、町内会費など様々な経費が発生します。例えば、納税のタイミングに現金が無ければ、大変なことになってしまいます。FC本部であれば、スクール経営の税務に関する情報も豊富に蓄積されていますのでご安心ください。

iTeen 利益はいくら? シミュレーション!

2. 実際にシミュレーションしてみましょう!

※これらの収支モデルは、加盟契約において保守されるものではありません。

※値はiTeen校舎の平均的な数値を用いて計算しています。

※午前中開校によって、iTeenママ、iTeenシニアによる更なる収益増が見込めます。