開業資金について

独立開業をお考えの方に、避けて通れないのが 「開業・運営シミュレーション」です。「実際に開業にかかる費用」に関して、誰もが気になる疑問をスッキリ解決します。

FC開業にかかる費用は?

1. 一般的な費用の相場

iTeenFC店舗を開業するために必要な費用は、大きく分けて加盟金、物件取得費、店舗運営費の3つになります。それぞれの費用の一般相場について、順番に解説いたします。

加盟金
FC加盟金
フランチャイズ契約に関する費用です。これにより、FC本部は加盟店様の指導や新しい教材開発、ブランドの宣伝を行います。一般的に100~300万円がスクールFCの相場です。加盟金が少ないほど廃業率が高い(本部フォローが少ない)という点が日本FC協会でも問題提起されているため、比較検討が大切です。
FC保証金
FC脱退時に返還される保証費用になります。詳しくはFC契約書において規定されています。

物件取得費
保証金(敷金)
平均して賃料の3-7ヶ月分が相場です。退去時には返ってくるお金ですが、通常は償却額が設定されており、それを差し引いた金額が退去後に返金されます。契約前によく確認しましょう。
礼金
主に関東地方の習慣で、契約時にオーナーに支払うお金です。返還されません。 賃料の0~2ヶ月分が相場です。
仲介手数料
不動産業者に支払う手数料です。賃料の1ヶ月分が相場です。
物件改装費
「居抜き」と言って、前の店舗の内装や設備をそのまま受け継ぐ場合は、費用を抑えることが出来ます。しかし、安かろう悪かろう、ではすぐに追加工事が必要となる部分でもあります。特に看板は集客に直結しますので、費用とのバランスが難しい部分です。飲食ビジネス等より安価ですが、店舗の広さによって、100-250万円程度の費用が一般的に必要です。

店舗運営費
宣伝広告費
ストックビジネスである会員制スクール事業は、立ち上げ初期の集客次第で収益性が大きく左右されます。そのため、予め本部が適切な預託金として宣伝費を設定し、オーナー様の許可のもと適切に運用します。目安としては、50-150万円です。
システム管理費
通信機器や、webサイト、教材システム等の保守管理に必要となる費用です。

iTeenフランチャイズパッケージ 費用

2. iTeen開業費用の実際

iTeenでは、加盟店様の収益性と、FC事業の安定性の両面から適切なフランチャイズパッケージ費用を設定しています。他のどのフランチャイズにも負けない、本部フォロー体制を敷きつつ、使途不明な費用を抑えた“加盟店様が成功するための”開業モデルを設計しています。

⇒一目瞭然! ビジネス別開業費用の比較一覧