iTeen札幌円山校【プログラミングイベント 保護者講習会】開催

イベント

2018年11月29日 札幌市立円山小学校にて保護者対象プログラミング講習会を実施致しました!


今回のイベントでは、北海道札幌の保護者の方々に「プログラミングとは何か」「今後どの様になるのか」「将来性と需要について」を講演させていただき、その後Scratchによる簡単なプログラミング体験会を実施致しました。





保護者様同士でもお声掛けいただき、当日はなんと30名もの保護者様にご参加いただきました!


 

前半のプログラミング講演会では今後のプログラミング教育の需要の高まりや、学校教育の変容に関して講義させていただき、将来性に関してもお話をさせていただきました。


プログラミング自体を知らない保護者様たちも皆様真剣な表情で、メモを取られたり写真に収めていらっしゃる姿が印象的でした。






後半では、実際にPCでScratchを操作していただき、プログラミングに触れていただきました。保護者様に子どもたちが『iTeen』で学んでいることをそのまま体験していただきました。





思い通りに操作できないネコのキャラクターを前に、皆様苦戦されていましたが、上手くプログラムできた際には歓声が上がり、楽しんでいただけた様です。




 

【今回の保護者講演会を終えて】


iTeen札幌円山校 菊地学教室長


「今回の講習会での保護者様の姿を見て、全国でのプログラミング需要の高まりを感じました。札幌やその他全国でもプログラミングやロボットスクールがたくさん開校されつつあります。


そういった方たちとも切磋琢磨して『iTeen』をもっと盛り上げていきたいです。自分たちの強みを活かして子どもたちにもっと楽しんでもらえるようなスクールを目指します!」





同スクール 菊地綾佳副教室長


「保護者様の中にも数名、プログラミングに詳しい方がいらっしゃいました。そういった事実を見ていると、教育の意識が高いご家庭はもうすでにプログラミング教育を始めているのかもしれないなと感じます。


『プログラミング』という言葉自体は有名になってきましたが『プログラミングといえば◯◯』と言われるようなスクールがまだ無いように思います。全国でもいち早く『プログラミングといえばiTeen』と言われるようになれるように、全国の校舎とも本部とも協力していきたいと思います!」





と今回のイベントを振り返っていらっしゃいました。