先輩教室長インタビュー

iTeenで夢の独立を果たしました

iTeen姪浜校(福岡市)

小山幸将 教室長

iTeenで夢の独立を果たしました

iTeen姪浜校(福岡市)

小山幸将 教室長

これまでの経験、教室長をやってみての感想は?

これまでの経緯は、まず社会人になった時は看護師として病院勤務をしていました。それから株式会社リクルートで営業職をしていました。30歳で独立と漠然とした夢を描きながら何をするにしても営業力がなければと思い、営業会社へ転職しました。

始めは一筋縄ではいかない営業の難しさを痛感する日々が続きました。そんな中、多くの経営者の方とお会いすることができ、経営することの責任、難しさを教えて頂きました。この時、お世話になった経営者の方が飲食店を中心としたフランチャイズ事業を複数経営されていました。そして、オリジナルのアイデアで独立して成功できるのはほんの一握りであることを学びました。

フランチャイズは成功モデルがあるのでまずはそれを活用して商売のイロハは学ぶことをアドバイスして頂いたことが今に繋がっている考え方となりました。

加盟しようと思ったきっかけは?

それでもどういったフランチャイズで独立するか探しながらサラリーマンを続けていました。そしてフランチャイズで独立する場合は、収益性、将来性の2軸を重要視しようと決めていました。

そんな時に出会ったのがiTeenでした。これからプログラミング関連の需要が高まることは明確だったので、プログラミング・IT関連事業に目を付けていました。iTeenは専門的な教育機関として全国、更には世界を視野に入れた事業と知り興味を持ちました。

早速問合せをしたのですが、経営本部がもともと大手塾運営で大成功されており、そのノウハウを活かし塾のコンサル業でも確固たる実績がありました。今後の将来を見据えた戦略があり、将来性という点についてはすぐに納得できましたが、もう1つの収益性については正直この段階で賭けでした。

直営店や他店舗成功事例は実際に提示して頂けましたが、全国でも前例の少ない子供向けプログラミング事業を素人の私がやっていけるのか?それが1番の心配事でした。それでもiTeenでこれからの人生を勝負しようと決断できたのは本部の対応力と熱意を感じたからです。

私の心配事や疑問点は全て包み隠さず答えて頂きました。直営店の視察や実際の売上規模、その戦略など普通なら教えて頂けないような情報も丁寧に説明して頂けました。実際に直営店を見学したいと希望した時はすぐにOK頂き、岡山まで伺いました。そこで具体的な教室運営方法を直に見て、確認することができました。そして、出店場所のリサーチや融資の進め方、競合情報など具体的に教えて頂けたことで今後のサポート面での安心感がありました。

そして、これからの事業だからこそ、前例は少ないがやる価値があり、世の中の役に立つこと。その強い熱意が感じられました。ただ、金儲けするという考えではなく、この事業が先駆者として日本を牽引していく事業になると実感しました。それが加盟することを決めたきっかけでした。

開校までの良かったこと、苦労したことは?

加盟を決めてからは早かったです。およそ半年で開校できました。私の前職の退職日の関係で半年後の開校となりましたが、それがなければ2〜3ヶ月で開校することも可能でした。加盟後はすぐに店舗探しと融資交渉を進めました。現場で手当たり次第に良さそうな店舗を探してはその都度、本部に相談して家賃相場・立地・商業分析といった専門データをもとに適切なアドバイスを頂けました。オススメの物件が見つかった後も一緒に条件交渉、不動産とのやり取りを手助けして頂けたのでベストな条件で店舗契約することができました。

必要資金を調達するため金融機関への融資相談を行いました。その時も、事業計画、創業計画、売上シュミレーション、など融資交渉で必要になる資料を1つ1つアドバイス頂き助かりました。

また、開校後は教室運営するため教室長トレーニング研修を受けました。プログラミング未経験で教室長が務まるのか不安でしたが、研修を受けて自信が付きました。初めてでも分かりやすい内容で研修を進めてもらえるので着実にスキルを習得できました。疑問や質問もその都度分かるまで教えて頂けました。

研修講師陣のレベルの高さはさすが塾運営のプロフェッショナル集団だと納得できる内容でした。

開校して良かったこと、苦労したことは?

開校してから良かったことは、開校前研修で学んだことがそのまま活かせたことです。研修で学ぶ時、私は初めてプログラミングを学びました。だからこそ、授業をしていても生徒がつまづく所は自分も同じくつまづいたところなので生徒の気持ちを理解しながら授業を進められました。そして何より生徒がプログラミングを覚えて課題をクリア出来るようになった時の嬉しそうな表情を見るとやっててよかったと実感します。

苦労したことは、入会商談です。まだ認知の低いプログラミング教室ということもあり体験授業に参加される方は、入会することへの不安や心配を抱かれています。そういった時に適切な説明ができず、何組かの入会を逃していました。その状況を日々の業務日報で記載しているとすぐにSVの方から連絡がありフォローして頂けました。顧客との接点の作り方からスムーズな商談の進め方、クロージング方法まで具体的なアドバイスを頂けたことで商談の精度が上がりました。今なお改善中ではありますが、開校月の12月で15名の入会者が達成出来たのは本部の支援のおかげでした。

実際の授業の様子(iTeen姪浜校)

実際の授業の様子(iTeen姪浜校)

開校してからの生徒の様子は?

開校当初に入会した生徒は通い始めて半年になりました。パソコンの電源やマウスの操作方法から教えていた生徒が今では高度なプログラミングを作成できるようになりました。これは予想していた以上の変化で、生徒達の成長スピードには驚かされています。プログラミングスキル習得には個人差がありますが、それよりも考える力が身に付いてきたことを強く実感します。

具体的には分からない課題になると手を止めて「分からない、教えて」と言っていた生徒が「分からないけど、多分ここが違うと思う。やってみる」と、自分で考えて取り組むようになりました。考え方にも変化があり、なぜ思った通りに動かないのか順番を整理して説明できるようになりました。これは論理的思考が身に付いているからだと思います。

また、当校では自習生が多いことが特徴です。授業がない日も自習に来てプログラミングをする生徒がいます。自分の意思で学ぼうとした時が1番伸びる瞬間だと思います。自習スペースを完備したプログラミング教室は全国でも珍しく、生徒たちも喜んでくれています。

そしてプログラミング作成は作って終わりにはさせません。必ず、作った作品はどんな作品なのか発表してもらいアウトプットをしています。これは嫌がる生徒もいます。ですが、インプットとアウトプットは必ずセットでなければ意味がありません。そのことを入会時に保護者にも説明した上で、生徒のレベルに合わせたやり方で実施しています。

自己表現力はこれからの社会できっと役立つスキルとなるので頑張って取り組んでもらっています。

保護者の声は?

上記の通り、生徒はどんどん成長しています。それを私だけではなく保護者の方も感心されています。始めの頃は生徒が作る簡単なプログラムを見て聞いて理解されていた保護者も最近では演算や変数など使えるようになった生徒の作品についていけなくなっています。小学生低学年でもXY座標やマイナスの概念を理解しているので、学業面にも効果が見られることを満足されています。

そして1番反響が多いのが、iTeenに行くのを楽しみにしていると言って頂けることです。自習に参加される姿を見て保護者の方も嬉しいようで、子どもが自分から勉強している姿を見たのが初めてとい言われることもありました。

お陰様で保護者の方からご紹介を頂けることも少しづつ増えてきました。顧客満足度を高めるために良い授業を真面目に行えば、自然と紹介が増え生徒数増加、売上拡大へと繋がっていくとを実感しています。

iTeen姪浜校の校舎扉前にて

iTeen姪浜校の校舎扉前にて

仕事のやりがいは?

オーナーとしての自由度が高いことです。フランチャイズではありますが、やりたいことはどんどんSVに相談しています。そしてだいたい実現できます。店舗独自のカラーを大切にして頂けるので私ならではの教室の魅力を模索しているところです。加盟店の思いを尊重して本部に交渉して下さるSVは本当に心強い味方です。

これからの展望は?

まずは一年以内に生徒数80名達成させます。これは担当SVの方と相談して掲げている目標です。残り半年で達成可能な現実目標です。

これから夏のイベントや成果発表会、個人面談、新コースの開設など、やりたいことは目白押しです。生徒、保護者の満足度を向上させながら新しい生徒獲得のため販促活動に注力して行きたいです。

販促活動はまだまだ試行錯誤の連続です。ですが、1つ1つの活動をSVの方と検証しながらより効果的な販促活動を模索できます。やればやった分、効果的な方法に近づけるのでチャレンジし続けたいと思います。

2020年の必修化を皮切りに今後ますます注目される業界となります。そうなると競合は増えると思います。だからこそ今、iTeenが確固たる地位を獲得して「プログラミング教室といえば→iTeen」と言われる知名度とブランドを得ることが重要になります。そうなるためのノウハウと熱意をもった本部があります。私はそれを存分に活用して3年以内に3店舗展開することが中期的目標です。

加盟を検討されている方にメッセージをお願いします

フランチャイズ事業は世の中にたくさんあります。ですが、素人の私でもここまでスムーズに事業運営できていますし、需要は増え続ける市場です。

どんなフランチャイズに加盟するにしても後悔しないために充分な情報収集をして納得行くまで説明会や体験会に参加することをオススメします。決めたら成功に向かって走るのみです。その時、一緒に走ってくれる本部やSVがいるかどうかが大切だと思います。それをやってくれるのがフランチャイズ事業の魅力であり、iTeenの最大の強みだと思っています。

これからの日本のプログラミング教育を一緒盛り上げて行きましょう!


異業種からのチャレンジ

iTeen倉敷駅前校(岡山)

坂本大輔 教室長

異業種からのチャレンジ

iTeen倉敷駅前校(岡山)

坂本大輔 教室長

これまでの経験、教室長をやってみての感想は?

これまでに、倉敷名物のうどん屋店長や、文房具チェーン店の副店長、学習塾の塾長などを経験してきました。趣味のパソコンでは、スマートフォンアプリなどを独自で開発するなどをしていましたが、やはりなかなか入れ替わりの激しい業界なので、プログラミングで稼ぐということは意識していませんでした。

「iTeenの教室長」をやろうと思ったとき、やはり先鋭的な取り組みですので自分に務まるか不安はありました。しかし、いったん授業が始まってみると、最初は考えていなかった楽しさがありました。

それは、子どもの成長と笑顔です。これまでに学習塾を1年ほど運営していたのですが、やはり英語や数学は、「やらされているもの」。しかも、毎日コツコツとした積み上げが必須です。

しかし、iTeenでは、子どもたちにプログラミングをマスターさせるための工夫が随所にちりばめられています。子どもたちの目は節穴ではありません。 「ゲームやロボットで釣る」のではなく、「新しいことが出来るようになる」という点が、教えていて気持ちの良いところでもあります。

実際の授業の様子(iTeen倉敷駅前校)

実際の授業の様子(iTeen倉敷駅前校)

仕事の醍醐味は?

自分たちの仕事を、これだけの数の人たちに紹介できる喜びや、時流の後押しを受けていることを感じられ、「この道を選んで間違っていなかった」と確信できる瞬間です。塾では、イベントをやって一気にお客様を確保するということは不可能ですから(笑)。

収入的にも、いわゆるストック性の高いビジネスモデルですので、一人入会すれば、最低1年間は毎月収入が確定するわけです。飲食や物販の経験上、これはすごいことです。うどん屋の時は、その日の天ぷらの売れ方を全力で予想し、売れ残りが出ないように苦心していました。もちろん、今日来てくれたお客さんが明日来てくれる保証はないので、、、iTeenは、事業を運営していく安心感が違います。